8月レッスンを終えて

今日はQueでのATMレッスンでした。

 

 

初めて受けてくださった方も

毎月来てくださる方も

ありがとうございました。

 

 

今日のレッスンは

簡単な人には簡単で

難しい人には難しい

そんなレッスン内容。

 

 

簡単でも

難しくても

好奇心をもって

でも、野心的にはならず

快適な範囲で取り組む、

が大切となります。

 

 

それは、日常生活でも共通することで、

自分の心と体、それをとりまく環境に

どこまで快適でいられるよう

注意をむけられていますか?

 

 

 

毎回のレッスンで

どんな内容にしようか

あれこれ自分でATMをするのですが

この時間が

私自身をニュートラルに戻す時間でもあり

やっぱりフェルデンクライスっていいな

と実感をもつ時間でもあります。

 

 

今月もありがとうございました!

8月レッスンのお知らせ

こんにちは。今年の夏は本当に暑く、そして、雨が降れば極端に多く…。

どうか暑さが和らぎ、様々な場所での被害が最小限となり過ごすことができますように。

 

 

8月のグループレッスンのお知らせです。

 

8/7(火) 10:30〜11:30

ママのためのフェルデンクライス

@カフェスロー

 

8/20(月) 10:00〜11:00

@ Que

 

参加費: 2000円

持ち物:タオル、動きやすい服装

 

 

7月はATMの他、FIレッスンをさせていただきました。FIのプラティクショナーに体をゆだね動く感覚はATMに共通するものでもあり、別格でもあります。ぜひ一度ご体験ください。

7月レッスンのお知らせ

7月のグループレッスン(ATM)のお知らせです。

f:id:shoikof:20180524225112j:plain 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

7月3日(火)

 

ママのためのフェルデンクライス

 

「ママの」とつけたのは、

お子さんと一緒にぜひ来てくださいね、

という意味です。もちろんお一人でも大歓迎です。

 

時間:10:30〜11:30

場所: カフェスロー 2階ワークショップスペース(JR中央線西武線国分寺駅から徒歩5分)

費用: 2000円

持ち物: 動きやすい服装、タオル

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7月23日(月)

テーマ「楽に立つ③」

楽に立つために自分の軸がどんな風なのか、

そんな気づきとなればいいなと思っています。

時間:  10:00〜11:00

場所:  Que(西武池袋線  秋津駅 から徒歩2分)

費用:  2000円

持ち物: 動きやすい服装、タオル

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

個別レッスン(FI)にご興味のある方も以下にお問い合わせください。

問い合わせ先:  shoikokubo@gmail.com

6月レッスンの感想

6月のグループ(ATM)レッスン、

受けた方、それぞれに様々な気づきがあり、

感想をいただきました。

ありがとうございます!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

✳︎体が軽くなった

✳︎固くなっていた肩が和らいだ

✳︎腰がしっかりした感じがする

✳︎体を動かすことが苦手でもできる  

✳︎自分で、家でもできそう

✳︎わかりやすい動きもあれば、難しい動きもあって、おもしろい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そして質問も。

 

声かけの通りにしているけど、

合ってるか分からず、

ついつい隣の人をみてしまった。

正しい動きができていたの?

 

このレッスンでは見本はありません。

自分が、楽に、心地良く動くには、

どうしたらいいのか、

その過程を追求することが

「正しい」ということであり、

その結果、動きが決まってきます。

 

自分の体の声に耳を傾け、

好奇心をもって受けてくださいね。

 

次回、またお会いできることを楽しみにしています。

 

 

ママのためのフェルデンクライスを始めようと思った理由

f:id:shoikof:20180614135952j:plain

私は子育てをはじめて

3年とちょっとの

まだまだ新米ママです。

 

 

出産後で骨盤が歪んでる上に、

抱っこし続けたりで

力が入ってるところは入り続け、

力が抜きたくても抜けない…

 

 

ATMやFIを通して

こんなに身体がガチガチしてたのか

こんなにココロはざわざわしてたのか

と過程で気づき

終わる頃には穏やかな状態に。

 

自然と子どもへの接し方も

柔らかくなれます。

 

(どこまでその穏やかさが続くは

その時の子どもしだい…ではありますが(笑))

 

その穏やかになれる瞬間があることって

とても大切だと思います。

 

そんな瞬間を、空間を、と思い

ママのためのフェルデンクライス を

始めることにしました。

 

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

積み重ねるということ

ATMもFIも

積み重ねるごとに

新たな「気づき」があるのが

とてもおもしろい。

 

 

「気づき」の先に

自分のニュートラルが

どこなのかがみえてきて、

楽に動ける範囲が広がってくる。

 

 

だから、

これからも続けていきたい

と思うんですよね。

 

 

フェルデンクライス との出会い④

ATMは

簡単なものから

難しいものまで

たくさんのバリエーションがあります。

 

誰でも受けることができるし

適切にすれば

たくさんの恩恵を受けることができる。

 

適切、というのは

出来る、出来ない

の「結果」にこだわるのではなく

簡単なものでも難しいものでも、

どのように動いているのか、

の「過程」にこだわる、

ということ。

 

その適切さ、

というのは

プラティクショナーが教えるのではなく、

自分自身が試行錯誤し学ぶものだと感じています。

 

 

 

 

トレーニングで

いつものように

ATMレッスンを受けた後、

 

あれ?世界がぐるぐるする…

立てない…

 

天井と床の位置関係が

わからなくなりました。 

数時間、横になって

めまいがおさまったら帰宅。

 

この日を境に

トレーニング中は同じ症状が続きました。

 

 

トレーナーに 

 

もっと小さな範囲で動いて、イメージだけでもいい。

それから

快適な場所が会場の外なら自由にしてね。

  

と、言われました。 

 

 

自分では

すごーくすごーく小さく動いているのに

ぐるぐる世界がまわりはじめる

 

あ、これでは

まだ大きいのかと気づき、動きをやめて、

めまいがおさまるのをひたすら待つ。

 

待っている間は

受講途中に

退出するなどあり得ない

聞き逃したら

勉強が1人だけおくれてしまうのではないか

と焦りが頭の中を駆け巡っていました。

  

でも

体がついていかない…

 

ひどい時は少し触れられるだけでめまいがする

 

何もできなくなっていく絶望感と不安感は

けっこうなものでした。

  

もがいた数日後、

めまいが出そうなかんじがしたら

いったん、全て手放そう。

自分の中で答えが出ました。

 

そこからは 

受講するときは

自分の心身の心地良いことだけに意識を向ける。

違和感を感じたら、体も思考も休む。

休むときは心地良いと感じる場所で。

 

体の声に真正面から耳を傾けて行動する

という体験。

 

すごくシンプルなことなのですが

今までしたことのない行動の仕方でした。

 

そうすることで

気づいてきたことがありました。

 

めまいはある

けど

小さい範囲で動ける。

同時に

めまいに関する一連のエピソードが

「怖れ」という感情と結びつき

体をこわばらせより動かなくさせている

と。

 

そこから

恐怖心は

好奇心へと

置き換わっていきました。

 

レッスン中も

レッスン後も

自分の中に入る新しい感覚を

どんな過程を経て

めまいがおさまっていくのか

体が適応していくのか

に意識をむける。

そして、積極的に休む。休む。休む。

 

 

振り返ってみると

ATM中に首あたりに不快さがチラッとあったのに

まあ、大丈夫かな、

とそのまま続けてしまったこと

 

また

めまいがでる という恐怖心が

さらなるめまいを呼び水にしていたこと、

感情が

体に大きな影響を与えていたということ。

 

逆を言えば

体が緊張した状態を解放すれば

感情が安定するきっかけとなる

ということ。

 

 その気づきとともに

 めまいは少しずつ改善していきました。

 

人間って、おもしろい。

 

多くの時間を必要としましたが

小さく、ゆっくりと、快適な範囲で

という適切さの意味を

動きだけでなく

心も

環境も

適切とは何かを学習した

大きな大きな出来事でした。